イタリア料理レシピメモ

プロのレシピを翻訳してあなたにお届け!

エキストラヴァージンオリーブオイル専門特設会場

エキストラヴァージンオリーブオイル専門特設会場へようこそ!

ここでは様々な商品の中から、あなたにお勧めしたいオリーブオイルについて、ポイントを絞って解説していきます。ゆっくり見ていってくださいね。

オリーブ畑 オリーブの木

オリーブ畑 オリーブの木

若いオリーブの実

若いオリーブの実

今までオリーブオイルを一度も使った経験が無い方でも、オリーブオイルが体に良いことは、何となくご存じだと思います。今後の健康的な食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。美容にも良いですよ!

まずは最低限知っててほしい予備知識について軽く説明します。

  • エキストラバージンオリーブオイル(以下ExVOオイル)は、オリーブの果汁100%のジュースから採れた油である。
  • そのExVOオイルを加熱したり、遠心分離器にかけたり、混ぜ物をしていない、ピュアで体に良いオイルだけが、ExVオリーブ油と名乗れる資格がある。
  • オリーブオイルには様々なグレードがあり、上は天然100%ジュースのExVOオイル(一番出汁)から、下は一番出汁の出し殻を再利用した二番出汁、三番出汁のような物に、さらに混ぜ物をしたオイルを、ExVOオイルとして売っている悪質な物もある。
  • しかし本当に100%ピュアなオイルは高価で、混ぜ物をしたオイルは安価である。

これを踏まえた上であなたに提案したい結論は、ご自身の状況(料理の技術・お財布事情・料理向けと美容向け・香りや趣味嗜好)によって、オイルをより良い物に買い替えていく、ということです。

正直な話、僕は安いボスコのExVOオイルを使ってます。でももう少し香りの良いExVOオイルも使ってます。というのも、ボスコだけでは香りが弱いと感じたからです。でもボスコは安くて手放せない。なので、僕は2種類のExVOオイルを使い分けすることにしました。

最初は安いオイルから始めて、満足できなくなったら上位のオイルを試してみる。値段は本当にピンキリなので、欲しいオイルに当たるまで何度か買い換えないといけないかもしれません。でもそれがExVOオイルを取り巻く状況なのです。

実際に収穫されているのは日本ではなく、イタリアやスペインです。そこで働く現地の人に、日本並みの厳格な品質管理を期待するのは、無理と言うもの。それで納得できないのならば、国産の小豆島産のお高目なオイルを手に取るしか、方法は無いと思いますよ。

以上、オリーブオイルにまつわる現実をご理解していただけましたでしょうか。それでは一般的な物から順に説明します。よろしければお付き合いください。

エキストラヴァージンオリーブオイル展示場

ここからはいよいよ商品の説明に入ります。

日清オイリオグループ ボスコエキストラバージンオリーブオイル 

このExVOオイルは、オリーブオイル初心者からプロまで使う守備範囲の広さと、風味・使い道・コストパフォーマンスの三拍子が揃った、トヨタカローラみたいなオイルです。まずこれからスタートしてみましょうか。迷ったらこれで間違いないです。

さらに安価なオイルもありますが、僕がこれをお勧めしたいのは、僕がこれを日ごろから使い、これが良いと思うからです。スタート地点にふさわしいと思います。ただし、同じ系列品の黄色いピュアオリーブオイルはさらに安いですが、加熱専用で香りが劣るためにお勧めできません。揚げ物ならExVOオイルをサラダ油で割った方がまだマシです。

オリーブオイル初心者さんは、どんな料理に使えばいいかわからないと思います。TKGでもカレーでも、何にでもかけて良いんです。色々試してみてください。でも使い慣れるまでは時間がかかります。ペットボトルでは劣化が早い。その分、ビンの方が品質の持ちが良いのです。保管は常温で、涼しいところに置いてあげてください。

安さだけに囚われず、かと言って決して高級ではない、普通に美味しくてお財布にもやさしいこの商品が、ExVOオイル初心者のあなたに僕がお勧めする理由です!(1グラム当たり約1.42円。イタリア産)

料理+オリーブオイル

料理+オリーブオイル

アイス+オリーブオイル

アイス+オリーブオイル
日清オイリオ トスカーナエキストラバージンオリーブオイル

上記のボスコExVOオイルに満足できなくなったら、これはいかがでしょうか。品質はまだ日本企業で守られてます。これの更に上位となると、海外メーカー製になるので、パッケージングのミスなどで当たり外れが出てきます。それを試す前に、まずはこのオイルを是非試してみてください。

このオイルの使い方は、加熱しないで料理の仕上げに、糸のようにサーっと回しかける使い方をすると良いですよ。多くは必要ないです。少量を少しだけ垂らして使ってみてください。

いつものパンやポークステーキ、パスタ、ピザ(トースト)、サラダ、アイスやシャーベットなど、食のジャンルやカテゴリに関係なく、料理の仕上げに一度は試してみてください。とはいってもやっぱり難しいですよね。

じゃ、まずは蒸かしたジャガイモに醤油と一緒にかけてみてください。少量のバターやおろしにんにくを足してもいいですよ。きっと今までの常識が変わります!あなたの料理レベルが確実に上がります。

そうなったら難しいと思ってた気持ちはいつの間にか消えていて、あなたは料理することが楽しくなっているはずです。喜んでくれると良いな。(1グラム当たり約6.45円。イタリア産)

フレスコバルディ・ラウデミオ エキストラヴァージンオリーブオイル

僕がこのオイルをお勧めするのは、色、産地、製造業者が好きだからです。トスカーナ地方のフィレンツェという場所は風光明媚で、歴史的な遺産が多数あり、大好きなんですよ!だからこのブログのタイトル画像も、フィレンツェサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂で選びました。(スマホの方は横に傾けてね)

ローマもナポリアマルフィーもヴェネツィアもイタリア全土をグーグルで見てて全部良いんですけど、フィレンツェは僕の憧れの場所だから特別なんです。大聖堂や街並み、屋根の色、建築物、風土、フィレンツェという響きなど、すべてにおいて一目惚れしてしまったからなんです。

そのフィレンツェで農園を家族経営しているフレスコバルディ家という一族が、丁寧に作ってる。しかも緑色のオイルなので気に入ってるんです。でも色はあまり期待しないでください。毎年この色が出るとは限りません。

普通はオイルの変色を防ぐために、ビンを遮光できる素材で覆うのですが、それだとオイルの色が分からない。中身がどんななのか全く分かりません。でもこれは箱に入ってますが、商品画像としてオイルの色が見える。遮光材の費用がもったいないってことでもありますが、これは大きな違いだと思いますよ。個人的に好感が持てます。

フレスコバルディ・ラウデミオ エキストラヴァージンオリーブオイル

フレスコバルディ・ラウデミオ エキストラヴァージンオリーブオイル

特に海外産のオイルで注意していただきたいことは、日本人が無意識的にやってしまう、物を粗探しするような、重箱の隅をつつくようなことは、海外産にとって無駄です。現地の人が現地のやり方で作ってるので、例え今まで完璧だった商品でも、急に品質が落ちることはよくあります。

細かいことで文句言っても仕方ないので、気に入らないのなら別のオイルを探した方が賢明だと思いますし、そんなデメリットすら優しく飲み込む心意気を持つことも重要です。それが日本人が海外産のオイルを選ぶ時に、忘れちゃいけないポイントだと思います。(1グラム当たり約9.98円。イタリア産)

やっぱりより良いオイルを探すには、何度も失敗して勉強しないと。個人の趣味嗜好も関わってくるので、僕やみんなが良いといっても逆の意見になることだって当然あります。つまり、何を一番重視するか。コスパか、風味か、ブランドか、生産者か。まずこれをハッキリさせることが、あなたにとって最高のオイルを手に取るまでの近道になる気がしますね。 だからExVOオイル選びは一筋縄じゃ行かないんですよ^^;

番外編 スキンケア商品 オリーブ園 オリーブオイル

僕は男なので紹介するのはどうかなと思ったのですが、多分皆さん疲れてきてる頃だと思うので、息抜きしましょうか。ティーブレイクしましょう^^

美容系ExVOオイルを名乗った商品は数多くあれども、品質や生産者に安心できる物はそれほど多くないです。その中でも小豆島産を名乗った物は安心できるといっていいです。

小豆島は瀬戸内海にある小さな島で、雨が少なく温暖な瀬戸内海式気候。この気候がイタリアがある地中海性気候とよく似ているんです(中学で習いました)。気候が似てるということは作物も似たものが実り、オリーブの他は柑橘系のミカンなどが特産品。

その小豆島で実ったオリーブを小豆島で加工・製品化した商品こそ、安心で安全なスキンケア商品と言えるのではないでしょうか。

ブランド名に小豆島と銘打つからには、多少値が張っても品質には自信がある。だから高評価でネガティブレビューが少ない。買ってよかった、大満足、調子が良いなど、多数の購入者が満足してレビューを残しています。

小豆島オリーブ園 オリーブオイル 80ml

小豆島オリーブ園 オリーブオイル 80ml

男の僕が女性の美容に関して言えることは何一つ無いですが、海外産のおしゃれな化粧品を使って肌荒れと格闘してるのであれば、このオイルを試す価値は凄くあると思いますよ。

国産で産地や業者がしっかりした商品であること。これ1本で丸ごとケアできること。海外でなく国内にお金を落とせることなど、僕から見てデメリットが見当たらないこと。こんなに良い条件が揃っているなら、僕が紹介しても良いと思いました。

女性はね、どんな年齢になっても、お金を余りかけなくても、心のどこかで美容を忘れない。そんなかわいらしい女性に男は惹かれるんですよ。(個人の意見です)

番外編終わり。シンプルですよね。僕に美容の引き出しは・・・orz

アグリオリーブ小豆島 小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 

小豆島の農家さんが丹精込めて育てたオリーブを、手間暇かけて抽出した最高の一滴。やはり信頼できる最高級品となると、国産に限ります。

このクラスになると、風味に余程こだわってるオイル通か研究熱心な勉強家、プロのシェフ、または自分のオイル探しの最中といった、これまでの安いExVOオイルに満足できなかった、限られた一部の方たち、と言うことになるかと思います。

小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 200ml

小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 200ml

小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 200ml

小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 200ml

 僕もお値段的になかなか手が出ないですね。でも健康や美容、アンチエイジングに気を付けている方や、安心安全な食べ物を探している方、食物アレルギーがある方、国産の最高級ExVOオイルがどんな物か知りたい人にとっては、最高級レベルの本物なので決して高くはない買い物だと思いますよ。

このオイルは非加熱用です。生のまま召しあがってください。スプーン1杯のオイルを飲んだって体に良いんです。昔、イタリアが貧しかった頃、小さな子供を持つ母親は、母乳が出なかったり色んな事情で飢えに耐えていました。でも子供だけはと、スプーン1杯のオリーブオイルを子供に飲ませていたそうです。

それくらいオリーブオイルと言うのは、体に良いんです。しかし何事も摂取しすぎは禁物ですが、このグレードになると使う量も極少量になるので心配無用ですね。

パスタの仕上げ、サラダのドレッシング、パンに塗ったり、焼き肉の塩味系のタレ、チーズなど、もちろん舐めても大丈夫です。味見することはとても重要ですよ。ただ、このクラスは鮮度が重要になってくるので、長期間の保存はお勧めできないかなと思います。

製品のポテンシャルを十分に発揮し、おいしく味わうためには、毎日少しずつ使っていくことが重要です。オイルだと思わず、生絞りジュースや牛乳のように扱うと、自然と美味しいうちに、最後まで味わい尽くせるようになるはずです。是非試してみてください。(1グラム当たり約23.08円。国産)

生野菜やバニラアイスにかけるのが一番かな。これ以外だとそうめん、冷奴、モッツァレラチーズも美味しくなります。つまり、カプレーゼサラダにはベストマッチです。(トマトとモッツァレラをスライスしてお皿に交互に重ねて、小皿に小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル 、レモン汁、塩、粗挽き黒胡椒、乾燥バジル、フレンチマスタードをよく混ぜてかけるだけ。)ぜひ試してみてください。美味しいですよ!

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼサラダ

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼサラダ

レジ前ちょい足しのコーナー

ここではスーパーのレジに並ぶ時に思わず手が伸びてしまう、特に魅力的な商品を紹介します。近所のスーパーでは中々手に入らない、誰かに教えたくなるような、プレゼントしたくなるような素敵な商品です!美味しいですよ!いかがですか。

きのこがおいしい ! アヒージョの素 20g×10個

キノコが嫌いな子供でも、大人でさえも、大好きなエビとニンニクのパンチとオリーブオイルの香りでKOされて、これなら食べるかもしれない。そんな期待を感じさせるこの商品、アヒージョの素はいかがですか?

アヒージョはスペインの代表的な料理で、キノコと魚介類のオリーブ油煮込みです。具を食べた後に残ったオイルは、パンに付けて食べたり、鍋の〆的に茹でたトマトとパスタと和えると、ペペロンチーノみたい。

オリーブオイルと具やパンは別途購入ですが、普段のメニューでキノコをまったく食べない子も、スペイン料理!とアピールすれば食べてくれるかもしれません。あなたのいつものメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

多くの子供はキノコが嫌いですから、これは好き嫌いを克服する良いチャンスだと思います。その切っ掛けを作るのも、お母さん次第。お父さん次第。いい商品だと思います。是非ご検討ください。よろしくお願いします。

キユーピー ディップソース バーニャカウダ 500ml

また、似たような「苦手を克服できる食べ方」として、イタリア料理のバーニャカウダという料理もございます。カセットコンロに小鍋を置き、バーニャカウダソースを入れてやさしく温め、小さく切ったパンや下茹でしたキノコや野菜を、熱々のソースに付けて食べる料理です。

または、豚肉、エビ、キノコ、ジャガイモをボイルし、ソースでサッと煮込んだ煮込み料理としても美味しくいただけます。普段、家庭でははなかなか知ることができない西洋料理ですが、苦手な食べ物は何かの拍子で好きな食べ物に変わることもありますので、ご家庭のメニュー加えてみてはいかがでしょうか。是非ご検討ください。よろしくお願いします。

 

良いお買い物はできましたか?僕なりに精一杯おすすめしたつもりです。もし気に入っていただけましたら、またよろしくお願いいたします。グラッツェグラッツェ・アンコーラ!

 →他の専門特設会場を見る・・・