イタリア料理レシピメモ

プロのレシピを翻訳してあなたにお届け!

イタリア料理は好きですか?自分で作ってみたくないですか? 誰か、身近な人や大事な人に、日常に驚きと言う変化が欲しいと思ったことは無いですか? そんな時はイタリア料理で、その人を心からもてなす。そんな魔力があると思いませんか? そう思った方は、もう、イタリア料理が好きですね?

このブログは、そんな少しウザいおじさんが書いてます。普段はこんなんじゃないですよ。 顔が見えないから、ついね、ついつい余計なことも書いちゃいます。反省はしません。

僕の経歴とか詳しいことは、記事を最初から読んでくれれば、大体のことが分かります。 ブログの内容を一言でいえば、YouTubeのイタリア語のレシピ動画を翻訳して、僕個人が持ってる 料理に関する知識や経験と、レシピに出てくる商品広告も添えて記事に掲載しています。 皆さんが商品を購入すると、僕にバイト料が入る仕組みです。 記事には僕の料理人生のノウハウが詰まってますから、損はさせません。安心してください。

ブログを書こうと思ったきっかけは、古典レシピとアレンジレシピの両方がある、 全編イタリア語の料理動画を見たからです。この機に本場のレシピを勉強しようと思いました。 まあ翻訳は難しいですが、これを見た人にとって、お家でプロのシェフのレシピを再現できたらなあと。 その為には、それなりの知識と妥協の無い食材が必要です。僕はその役に立てればな、と思います。

仮にも相手はプロのイタリア人シェフです。失敗は成功のもと。失敗して当たり前。 それはブログを書く僕にとっても、料理を作ってみたいあなたにとっても同じ。 でも、イタリア料理の一番良いところは、明るく、何度でも失敗したって良いじゃない! 前進してるんだから!っていう精神性。これに僕は何度助けられたことか。

日本だとこの考え方は難しいですね。失敗を恐れるなと言いつつ、失敗は失敗としてカウントされる。 そんな世知辛い世の中でも、お家で明るいイタリア料理を作って、元気になりましょう! でも過剰な塩分とカロリーの摂りすぎは注意です。

引用元の動画に関する部分以外は無断コピー・転載禁止です。ま、そんなことする人いないかーw
ブログ投稿数
13 記事
ブログ投稿日数
12 日
読者
2 人 bongore00666 panage-mid